アパレルブランド作るなら専門学校へ行くべき?

ハロにちわ!えりかです。

「将来アパレルブランドを作るなら服飾専門学校に行くべきですか?😐」と質問をよく頂くので、今回はこれに関して書きます!

将来アパレルブランドを作るには専門学校いかなきゃだめかな?

と考えてる人は、是非読んでみて下さい!

専門学校に行く前ブランドを作ってみる

わたしの提案は💡
専門学校に行く前に、ブランドを作ってしまうことをオススメします。

アパレルブランドを作ることが最終目的だった場合、遅かれ早かれ作るわけですし✌

最初はTシャツ1型〜でいいです!
オリジナルTシャツは簡単に作れるので、最初の商品としておすすめです(作り方は前の記事に書いたので見てみてね🌈)

ブランド作りの第一歩目!最初に作る商品はコレが最適

それにBASEを使えば、無料で誰でもすぐにネットショップを持て販売できます。

一度、頭にある構想を実際に商品化し販売してみてください(^◇^)

BASEとは?
「BASE」は、ものづくりを行う個人、ビジネスを展開する法人、地方自治体をはじめとする行政にご利用いただいているネットショップ作成サービスです。これまで「BASE」で開設されたネットショップ数は40万店舗を超えています。

すると課題が見えてくる

そして、実際に販売してみると専門的技術の前に「拡散力が足りない」「制作資金が足りない」など、いまの自分の課題点が見えてきます。

これは、専門学校を卒業しても解決しないんです😿

まずは実際にはじめてみて、課題点を解消しつつ進めていくのがいいです。

その上で必要性を感じたら行く

必要性を感じて行くのと、とりあえずアパレルブランドを作るなら〜と行くのは全く別物⚠

わたしの周りでは、実際にブランドを立上げてから縫製技術を身に着けた方がいいと感じ、ブランドを継続させながら夜間に通う人もいます💡

一体何が出来て、何ができないか?を明確にすることで選ぶ学科も大きく変わってきます。

専門学校に行きたい理由は?

恐らく専門的な知識を得たくて、専門学校に行くと思います✂

しかし実は…💭
わたしの所へ相談に来てくれる人の8割は服飾専門学校の在学生&卒業です。

専門学校を卒業したとして、ブランドを必ず作れるわけではありません☂


専門学校の学費はすご〜く高いです💵
まずははじめてしまって、その上で専門的な知識の必要性を感じたら行くといいと思いますよ☆

タイトル画像 byてがきのゆっきー