アパレル立上げに関する誤解特集

ハロにちわ!えりかです。

質問箱より届く質問に、最近はTwitterで回答しています!
今回はその中で、一人でブランドを立上げたい人によくある「アパレル立上げに関する誤解」を掘り下げて紹介していきます!

服飾学校に進学する

ブランドを作る近道と誤解してフラ〜っと入ると、まず痛い目にあいます。
※ しっかり目的意識を持って入学するのは勿論OKです

専門学校を卒業したとして、ブランドを必ず作れるわけではありませんし、近道なんて存在せず結局は本人次第なんです🔥
詳しくは以前に書いた↓を読んでみてください。

アパレルブランド作るなら専門学校へ行くべき?

古着を仕入れるために海外行く

Vintageバイヤー😎🌴
的なオシャレ感に惹かれ海外へ買付けに行くことがゴールとなってる人は、すごく危険です。

まずは国内で仕入れをして販売することで「自分の選ぶ商品は本当にニーズがあるのか?」を実験してみてください。

国内国外問わず商品を購入してくれる人がいなければ本末転倒なのです‥。

資金調達のため仕事を増やす

資金調達は必須だけど普通に飲食店などでアルバイトするのではなく、フリマアプリで売買して商売感覚を磨くことを推薦します。

詳しくは以前に書いた↓を読んでみてください。
🔗フリマアプリで感覚を鍛えた

アパレル企業に就職する(アパレル店員になる)

アパレル店員の業務内容は、主に接客/販売なので、正直ブランド立上げには直結しないです。
ばりばり貢献し成果を出したごく一部の人でしかブランド立上げに直結した業務に携わることはできません。

勿論、販売員としての経験は必ず活かされる部分はたくさんあるので販売員経験はあって越したことないけど、就職ではなくアルバイトで十分です。

裁縫/ミシンできません

出来て越したことはないけど、出来なくても作れる商品はたくさんあります。

小物/Tシャツなど簡単に作れる商品からスタートして、必要なら学んでいけばいいです。
Tシャツの作り方は以前に書いた↓を読んでみてください。
🔗オリジナルTシャツの作り方は?


わたしの方針は「とにかく走り出す。そして走りながら学び考える」です。

意見は十人十色で正解はないけど、わたしの意見でよければ質問箱より気軽に質問ください☆

タイトル画像 byてがきのゆっきー